活動内容

デパルマとは?

東北大学学友会映画部 DePalma(デパルマ)は、映画製作サークルとして1990年に創立されました。以来、数多くの映画を製作、上映してきました。いわゆる自主映画を製作する集団です。

DePalmaという名前は、「アンタッチャブル」や「ミッション:インポッシブル」で知られる映画監督ブライアン・デ・パルマにちなんで名付けられました。

しかし、だからと言って、デ・パルマ監督について研究したり、彼を目指して映画を製作しているわけではありません。映画製作の代名詞として借用しているだけです。ご注意を。

活動内容

私たちの主な活動は、自主映画の製作です。デジタルビデオカメラ、パソコンなどの機材を使用して、撮影・編集を行っています。

映画製作に関連して、上映会用チラシの制作やウェブサイトの構築なども行っています。また、せんだいメディアテークの開催する映像系ワークショップにも参加しています。

また、サークル全体のイベントとしては、みんなで温泉に行ったり、スキーに行ったり、サッカーや野球をしたりしています。

他にも、みんなで遊んだり、テスト勉強してみたり、ライヴに行ってみたり、ごはんを食べに行ったり、あと映画を観に行ったり。ごく普通です。映画を作るの半分、遊ぶの半分といった感じで仲良く和気あいあいとやっています。

自主映画とは

自主映画とは、平たく言えば、自分たちで機材や人を集めて、自分たちの好きなように制作する映画のことです。音楽CDにも自主制作盤(インディーズ盤)というのがありますが、それの映画版だと思ってもらえれば分かりやすいと思います。

自主映画になじみのない人も多いかも知れませんが、商業映画の監督には自主映画出身の人も少なくありません。れっきとしたひとつの文化です。

デパルマにおける映画製作の基本的な流れを紹介します。

1. 撮りたい映画の構想を練る
デパルマでは「撮りたい」と思った人が監督です。監督はまずどんな映画にするか、構想を練ります。

2. 脚本・画コンテなどを用意する
構想をまずは脚本や画コンテにして、煮詰めます。

3. 役者・スタッフのお願いをする
友達や家族に、手伝いをお願いします。サークル内なら、ほぼOKをもらえます。

4. 撮影をする
撮影前に台本読みや演技指導をすることもあります。

5. 編集をする
撮影した映像をパソコンなどで編集します。

これはあくまで一例です。撮影だけしたい人が誰かに脚本をお願いしたり、編集を別の人がやるということも、よくあります。 全員が監督じゃなくても良いんです。デパルマには役者専門、音楽専門なんて人も結構います。そんなサークル内での分業体制も整っています。

サークル情報

名称東北大学学友会映画部De・Palma
創設1990年
部員数60人
活動日毎週金曜日18:00から部会
場所東北大学川内キャンパス 新サークル棟410号室
ホーム > What's depalma?